仮想通貨で会社設立(法人化)した副業禁止サラリーマンのブログ

サラリーマンですが副業で会社作ったり解散したりしてます。とりあえず億を目指し、楽しみながら投資中。



ads by Google

Bitbank(ビットバンク)を開設、今国内で1番使われている仮想通貨取引所!

f:id:hanchooo:20180922175021p:plain

 

2019年1月現在、国内仮想通貨取引所で1番おすすめな取引所はどこか?

間違いなくビットバンクです!

ビットバンクの特徴とおすすめポイントをまとめます。

 

Bitbank(ビットバンク)の特徴とおすすめポイント

 

1.取扱通貨

 

  • BTC
  • XRP
  • ETC
  • LTC
  • MONA
  • BCC
  • XLM

 

銘柄は人気所をいい感じに取り扱っていますね。

特にXRP(リップル)が板取引で日本円で購入できるところが1番の特徴かつビットバンクが人気の理由です。

人気のリップルの板は特に厚く、日本でリップルを買うならビットバンク一択と言っても過言ではありません。

 

2.利用者が1番多い

ビットバンクのHPによると、2018年9月21日CoinMarketCap調べで国内取引所で取引量が1位!

とのことです。

 

裏付けとしても2018年8月に仮想通貨情報サイトCoinPostが行ったアンケートで、ビットバンクが実際に1番利用されている国内仮想通貨取引所でした。

 

 

アンケート結果で3人に1人以上が国内のメイン取引所として利用しています。

似たようなアンケートをツイッターで複数見かけましたが、すべてビットバンクが1位でしたね!

 

私も今なにもない状態から国内取引所を一つ開設するとしたらビットバンクを選びます。

上記のアンケートでZaifやビットコインフライヤーが多いのは、昔からずっと使っているからという理由でしょう。(私も)

 

利用者が多いとなにがいいのか?

取引が活発になるため売買が成立しやすく、スプレッド差が小さくなってお得に取引できます。

まぁ多くの人に選ばれているということは選ばれるだけの理由がありますしね。 

 

3.安心かつ安全

ビットバンクは『仮想通貨交換業者』として金融庁の認可を受けています。

そして、特に業務改善命令も受けていないので、厳しい日本の規制の中でも規制リスクが低めです。

また、セキュリティ対策も他の取引所よりも優れている点が多いので取引所の安全性も高めです。

ただし、これらのリスクはあくまで低いというだけで、いつなにが起こるかはわかりません。

 

4.法人名義で口座開設

規制やハッキングで利用できる国内取引所が減少する中、法人名義で口座開設できる取引所はさらに少ないです。

ビットバンクは純粋におすすめの取引所で、かつ法人名義でも口座開設できる貴重な取引所です。

 

 

いかがでしょうか?

また今後どうなるかはわかりませんが、現時点ではビットバンクが国内取引所では1番おすすめできる取引所だと思います。

 

わずか1年前はビットフライヤー、コインチェック、Zaifが完全に他を圧倒したんですがね・・。

さらに今後、消えていく取引所や新規口座受付を中止する取引所も増えていくかもしれません。

口座開設できるうちにしておくのも一つのリスクヘッジです。

 

その他、次点で考えられる国内取引所はビットポイント、次次点でGMOコインですかね。

この2つの取引所の優位性は、取引手数料が無料なだけではなく、仮想通貨の送金手数料まで無料なことです。

これは考えられない大奮発ですね。

ただ、デメリットとしてはまだまだ板が薄いのでスプレッド差がやや大きいです。

 

しかし、ビットポイントはイメージキャラクターに本田圭佑を起用するなど攻勢をかけ、人が増えてきている印象があります。

人さえ増えれば、メイン取引所として利用できるポテンシャルは充分にあります。

なお、ビットポイントもGMOコインも現在口座開設キャンペーンでビットコインがもらえるので口座を作っておいて損はないですね。

 

ビットポイントの記事www.hanchooo.com

 

 

 

 

以上!