仮想通貨で会社設立(法人化)した副業禁止サラリーマンのブログ

サラリーマンしながら副業で会社設立して2期目!本業は副業禁止なので内緒です。笑 ひとまずバレる前に資産1億円を目指しリーマン家族持ちでもできる方法で絶賛副業中!メインは株と仮想通貨で、今は不動産も勉強中。ありのままの実録を書いてるので副業や法人化に興味がある人はぜひ絡んでください。



ads by Google

ディーカレットとは?仮想通貨取引所の口座開設・登録方法まとめ

f:id:hanchooo:20190327234437p:plain

ディーカレットとは

株式会社ディーカレットは2018年1月にインタネットイニシアティブを筆頭に国内19社の出資を受けて設立した会社です。

事業内容は「デジタル通貨の取引・決済を担う金融サービス事業」となっており、デジタル通貨のメインバンクを目指しています。

その道筋の第一歩として、2019年3月25日に金融庁に仮想通貨交換登録業者の登録が完了したことを発表し、取引所の新規登録受付を開始しました。

出資パートナーの企業群が非常に豪勢で話題と期待を呼んでいます。

 

f:id:hanchooo:20190327233255p:plain

 

金融からインフラまで様々なジャンルのトップクラスの企業が集結しており、今までにない成長期待とサービスの拡張性が期待されます。

特に話題となったのが、Suicaへの仮想通貨からのチャージです!

まだ検討段階のようですが、JR東日本も参画しているため決して夢物語ではありません。

とにかく!今後に大きな期待ができますね!

 

現在、『口座登録で2,000円』『取引で最大3,500円』がもらえるキャンペーン中です。

 

ディーカレットに登録する

 

仮想通貨取引所 

取扱通貨

まずは安定性の高いもので、ということですが、取扱通貨は4種類です。

f:id:hanchooo:20190327235110p:plain

基軸通貨は日本円とBTCです。

ETHはなしですが、日本人に人気のXRPは取り扱っています。

 

手数料

 

f:id:hanchooo:20190328002039p:plain


手数料で特筆すべきところは、やはり取引手数料が0円

ずっとなのかどうかはわかりませんが、取引手数料無料はかなりのメリットですね。

また、出金手数料の270円も他の国内取引所と比較すると安めだと思います。

 

個人アカウント登録方法

個人アカウントは簡単に作れます。

個人情報と本人確認書類のデータをアップロードするだけです。

 

現在、『口座登録で2,000円』『取引で最大3,500円』がもらえるキャンペーン中です。

 

ディーカレットに登録する 

  

法人アカウント登録方法

法人アカウントも登録できます!

私は仮想通貨は法人で取引しているので、法人アカウントが対応していてよかった。

法人アカウント開設に必要なものは以下です。

  • 登記事項証明書
  • 印鑑証明書
  • 本人確認書類

注意点としては、登記事項証明書や印鑑証明書は発行から3か月以内のものが必要で、データアップロードだけでなく郵送も必要な点です。

また、データアップロード時の形式はPDFだけなので、あらかじめPDF化しておいてください。

(私はいきなりPDF言われて焦りました。)

 

そして、法人アカウントもキャンペーンの対象です!

対象外のことが多いのでうれしいですね!

5,500円もらっちゃいましょう!

 

ディーカレットに登録する 

 

ディーカレットがほんとに期待どおりかは使ってみないとわかりません。

現時点で国内取引所で1番おすすめ、というか唯一おすすめできる取引所はビットバンクだけです。

 

ビットバンクに登録する

 

以上!